Tuesday, June 16, 2009

Thank you very much, Mr. Bogle.

The VenturesのBob Bogleさんが亡くなった。Bobさんは自分にとってまさに恩人であった。自分はこの業界に入りたての頃、運良くThe Venturesと仕事をさせてもらう機会があった。当時、自分の経験不足から仕事があまりもらえなく、金銭的に非常に苦しんでいた。毎日の様にお袋に国際電話して「金借りるかもしれない」と言った感じに困っていた。

Bobさんは無口な人であったので自分はあまり話す事はなく、良く話していたのはギターのDonとBobさんの奥さんのユミさんであった。Donとは音楽の話等を一般的な話をしていたが、同じ日本人であるユミさんはアメリカに一人で来た自分を心配して、「ちゃんとご飯食べている?」「家具とかはちゃんとあ揃っているの?」等、よく聞かれた。あまりキチンとしたものを食べていなかったのは確かで外見にも出ていたし、家具もあまり揃っていた状態ではなかった。「何が一番食べたい」と聞かれ自分は「良いチーズ」と応えるとユミさんは笑いながら「結構たかいもんね〜え」と同情してくれた。ユミさんは電子レンジが一台余っているからそれを自分にくれると言う。その頃からBobさんは高血圧やら心臓の問題を持っていて、電子レンジを使うと体に悪いから処分に困っていたらしい。

セッションが終わりスタジオの整理に向かおうとすると、自分の所に電話が入った。ユミさんからであった。Bobさんと急に家にもどらなければならないので別れを告げられないと言う。それとスタジオに約束した電子レンジを置いておいたとも言ってくれた。スタジオに着くとレンジが入ったと思われる段ボール箱ともう一つ小さな箱が自分宛に事務所に置かれていた。大きな箱は予想通り電子レンジ。小さな箱にはトースターと封筒が入っていた。封筒を開けると”Bobにトシ君の事を話したら心配していました。これでチーズ等好きな物を食べて下さいと言っていました”と書かれた手紙に$100札が挟まれていた。自分は事務所で一人その封筒をもったまま暫く立ち尽くしていた。

数ヶ月後、お礼の手紙を出したが、住所を間違えていたのか帰って来てしまった。その後、職場を代えBogle夫妻と連絡をする機会はなくなった。数年前にこの事をインタビューで話し、それを読んだ某テレビ局が取材したいとも言って来た事がある。彼らに会えるかもと期待したが自分はツアーと日にちとテレビ局側の取材の日とが重なりそれは実現しなかった。

先日、とあるバンドのコンサートを観て、その一部でサーフ音楽を演奏していた時、『そう言えば、the Venturesは最近どうしているのだろう?』と考えていた。ここ2、3日もBuzzやDaleと話した時、Venturesの話は出ていた。狭いこの業界、連絡先を探そうと思えばそれほど難しくはないはず。今となっては...ユミさんを始めご家族のかた、Venturesの皆さんには心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈り申し上げます。そしてBobさん本当にありがとう。

1 comment:

TringulaDating said...
This comment has been removed by a blog administrator.